×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ワンクリック詐欺 電子消費者契約法

インターネット上のトラブルを救済してくれる『電子消費者契約法』

 

この法律の要点はインターネット取引などにおけるユーザーの操作ミスの救済です。 事業者とユーザー間のインターネット上で契約を結ぶには

 

ユーザーが申込みを行う前にその申込み内容などを確認する措置などを事業者が講じなければいけない決まりとなっており

 

ユーザーの操作ミスによる申込みは結果として無効になります。 事業者は、申込みボタンを押した後に

 

ユーザーが入力した申込み内容をもう一度 念をおして確認させるためのページなどを用意する必要があるのです。

 

ですので優良なサイトはしっかりとそういう仕組が作られておりユーザーが安心して利用できるのです

 

 

ところが、どういうことでしょう

 

ワンクリック詐欺サイトなどはそういった再確認するようなページどころか

 

年齢確認を押した瞬間 『ご登録ありがとうございます』『いつまでに何万円お支払い下さいと』などという、ふざけたページを作っているわけです

 

もちろん これはユーザーが買いたい、見たい、などの意思を確認して申し込みしたわけではないので こういったパターンの契約は電子消費者契約法上での不成立ということになります。

 

 

勝手に あなた買いましたねー 登録しましたね ありがとうございますっと勝手に言っているだけなのです

 

だから請求がきても1円も払う必要ないです

 

この法律がなければ もしかすると払わないといけないのかもしれません

 

しかし、そこはしっかりと守られています!

 

 

 

まとめますと

 

電子消費者契約法は ユーザーの意思に反する契約は無効ですよ。不成立ですよという法律です